バイタルアンサーは副作用の心配なし!過剰摂取は控えよう

バイタルアンサーはサプリメント(健康食品)なので、副作用の心配はありません。

 

配合されている成分は全て安全性が確かめられています。

 

但し過剰摂取は控えましょう。必要以上に摂取することで、思わぬ異変が現れるかもしれないためです。

 

 

 

〜総額1,700円相当プレゼント!〜

まとめ買いなら最大20%オフでお得

 

 

 

配合成分の副作用を徹底調査します

虫眼鏡

 

バイタルアンサーに配合されている主な成分の副作用の有無や安全性を調べてみました。

 

 

アルギニンの副作用

 

アルギニンは非必須アミノ酸の仲間で、ルピナス(マメ科植物)の芽から発見されました。

 

肉類や大豆、高野豆腐などの普段私たちが食べている食材にも含まれていることから安全性が高い成分だとい言えます。

 

さまざまなサプリメントにも配合されていて、健康被害の報告もありません。

 

 

過剰摂取は控えよう

アルギニンの過剰摂取は控えて下さい。

 

アルカリ性を有する成分なので、必要以上に摂取すると消化器官に悪影響を及ぼす恐れがあるためです。

 

特に胃腸が弱っている時にアルギニンを過剰摂取すると、下痢などの症状が現れるケースが報告されています。

 

体重によって過剰摂取になる量は変わりますが、大体1日20グラムを上限に考えれば良いと思います。

 

バイタルアンサーでは1日1,600mg(1.6グラム)を摂取できますが、毎日の食事から摂取するアルギニン量をプラスしても、まず過剰摂取になることはないので安心して下さい。

 

【参考文献】
「アミノ酸の化学 その効果を検証する」櫻庭雅文 講談社

 

 

シトルリンの副作用

 

シトルリンは必須アミノ酸の仲間で、スーパーアミノ酸とも呼ばれています。

 

スイカやキュウリ、ゴーヤなどのウリ科の植物に含まれています。

 

一般的な食材に含まれているという点や、人間の体内にも存在している成分だという点から安全性が高いと言えます。

 

サプリメントにも配合されていて、シトルリンが原因と考えられる健康被害の報告も存在していません。

 

また、過剰摂取による副作用もありません。

 

必要以上に摂取した成分は体内に蓄積されることなく、尿などと一緒に排出されます。

 

【参考文献】
“Effects of citrulline supplementation on fatigue and exercise performance in mice.” J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo). 2011;57(3):246-50. Takeda K, Machida M, Kohara A, Omi N, Takemasa T. 2011

 

 

オルニチンの副作用

 

オルニチンは非必須アミノ酸の仲間で、上記のシトルリンと同様に血液中を循環する遊離アミノ酸に分類されています。

 

シジミに豊富に含まれていますが、その他にもヒラメやチーズ、パンなどに含まれています。

 

私たちが普段摂取している食材にも含まれている成分なので、安全性は高いです。

 

但しオルニチンの過剰摂取には気を付けましょう。

 

1日に10g以上経口摂取した場合に、胃腸の不調 (腹痛、痙性胃痛、下痢) が起こることがあるという報告があります。

 

バイタルアンサーでは1日100mg(10粒摂取した場合)の摂取量なので、過剰摂取に該当することはありません。

 

【参考記事】
オルニチン|用語解説

 

 

トリプトファンの副作用

 

トリプトファンは必須アミノ酸の仲間で、牛肉・豚肉・鶏肉のレバーや牛乳、チーズ、バナナ、大豆などに含まれています。

 

一般的な食材にも含まれているため、副作用の心配はなく安全性も高いです。

 

但しトリプトファンの過剰摂取や服薬などの組み合わせには要注意です。

 

1日あたり3g〜6gを短期間摂取することで、無気力や吐き気、頭痛などの症状が現れる恐れがあります。

 

また、モノアミン酸化酵素阻害剤(MAOIs)やセロトニン再取り込み阻害剤(SRIs)、ベンゾジアゼピン、フェノチアジンなどと一緒に摂取すると、相互作用リスクが高まることが指摘されています。

 

【参考記事】
フランス食品衛生安全庁(AFSSA)、サプリメントにトリプトファンを1,000 mgまで使用することについて意見書を提出|食品安全委員会

 

 

亜鉛の副作用

 

亜鉛はミネラルの仲間で、牡蠣(カキ)や魚、肉類などに含まれています。

 

一般的な食材に含まれているだけでなく、私たちの体内にも血液や皮膚などに多く存在していることからも安全性は高いです。

 

毒性自体は低いですが、亜鉛の過剰摂取は控えましょう。

 

めまいや吐き気、胃障害、腎機能障害、神経症が起こる恐れがあると指摘されています。

 

通常の食生活では過剰摂取になることはありませんが、サプリメントなどで大量に摂取することで過剰摂取になることがあります。

 

成人男性における1日あたりの耐容上限量は45mgとなっています。

 

バイタルアンサーでは1日あたり20mg(10粒摂取した場合)を摂取することができます。

 

1日に20粒以上摂取しなければ、過剰摂取に該当することはありません。

 

【参考記事】
亜鉛の働きと1日の摂取量|健康長寿ネット

 

 

 

〜総額1,700円相当プレゼント!〜

まとめ買いなら最大20%オフでお得

 

 

 

安全・高品質のメンズサプリ!国内工場で製造しています

工場

 

バイタルアンサーは安全かつ高品質のサプリメントを提供するために、国内工場で一貫製造しています。

 

その国内工場はGMPやHACCP、有機JASという3つの認定を受けています。

 

厳しい規格に基づいて製造されているので、サプリメント内に異物などが混入するリスクがなく、安心して摂取することができます。

 

参考までにGMPとHACCP、JASの規格に関して解説しますね。

 

 

GMPの概要

GMPのロゴ

 

「Good Manufacturing Practice」の略称で、日本語では『適正製造規範』と訳されます。

 

原料の受け入れから最終製品の出荷に至る全ての工程において、適正な製造管理と品質管理を求めています。

 

厚生労働省の支援を受けた第三者機関による認定制度となっているので、信頼性が高いです。

 

GMP認定を受けた製品に関しては、『GMP製品マーク』表示が許可されます。

 

もちろんバイタルアンサーの公式サイト内でもGMPマークが表示されています。

 

【参考記事】
GMPの概要|日本健康・栄養食品協会

 

 

HACCPの概要

HACCPのロゴ

 

HACCP(ハサップ)は「Hazard Analysis Critical Control Point」の略称で、日本語では『危害分析重要管理点』と訳されます。

 

食品等事業者自らが重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。

 

食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握して、原材料の入荷から製品の出荷に至る工程において、それらの危害要因を除去、もしくは減少させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保することを目的にしています。

 

HACCPはFAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)の合同機関であるコーデックス委員会から発表された規格です。

 

国際的に認められた正式な規格で、日本国内でも積極的に推奨しています。

 

【参考記事】
HACCP(ハサップ)|厚生労働省

 

 

有機JASの概要

有機JASのロゴ

 

2000年のJAS法改正によって作られた、国際基準に準拠した有機食品の検査認証制度です。

 

有機食品において、JAS規格に適合した生産が行われているか否かを登録認証機関が検査します。

 

そして、認証を受けた事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

 

バイタルアンサーにも有機JASマークが付与されているということは、配合成分に有機農産物が使われていることを意味します。

 

つまり、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らない自然のパワーを体内に取り込めるということです。

 

【参考記事】
有機食品の検査認証制度|厚生労働省

 

 

 

食物アレルギーがある場合は事前確認をしよう

野菜

 

あなたが食物アレルギーを持っていると自覚しているなら、少し注意が必要です。

 

バイタルアンサーに配合されている成分を確認して、食物アレルギーに該当する成分が含まれていないことを確認してから摂取するようにしましょう。

 

もし食物アレルギーに該当する成分が含まれている場合は、摂取する前に医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

 

また、摂取した後にアレルギーと疑われるような症状が現れた場合も、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

参考までに下記にバイタルアンサーの全成分を掲載しておきます。

 

食物アレルギーがある場合は確認しておいて下さいね。

 

【全配合成分】
L-シトルリン、亜鉛含有酵母、L-オルニチン塩酸塩 / L-アルギニン、結晶セルロース、L-トリプトファン、ステアリン酸カルシウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ビタミンC、微粒二酸化ケイ素、抽出ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 

 

食物アレルギーの主な症状をチェック

 

食物アレルギーの原因は主に鶏卵や小麦、牛乳などが多いですが、その他にも果物や野菜、甲殻類、魚類などでも発症することがあります。

 

一番多いアレルギー症状としては、皮膚関連ですね。

 

その他にも粘膜や呼吸器、消化器などでも症状が現れることがあります。

 

皮膚の症状 痒み、むくみ、赤み、湿疹、じんましんなど
粘膜の症状 目の充血やむくみ、痒み、鼻水や鼻づまり、口周りの違和感など
呼吸器の症状 咳(せき)、喉のイガイガ、声がれ、ぜん鳴(ゼイゼイ、ヒューヒュー)など
消化器の症状 腹痛、嘔吐、下痢、吐き気など
全身の症状 アナフィラキシー(複数の症状が重なる)、アナフィラキシーショック(血圧低下)、脈が速くなるなど

 

 

 

他の薬やサプリとの併用はオッケーです

医薬品

 

バイタルアンサーはサプリメント(健康食品)に分類されている商品なので、基本的には薬やサプリと併用しても問題はありません。

 

但し、少し注意点があるので、併用を検討している場合は参考にして下さい。

 

 

薬と一緒に飲む場合

 

バイタルアンサーは基本的には医薬品を服用している場合でも、一緒に摂取しても構いません。

 

但し血圧関連の薬を服用している場合は、念のためにかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

 

なぜなら、バイタルアンサーに含まれているアルギニンやシトルリンには血行促進作用があるためです。

 

血圧関連の薬の作用を弱めたり、逆に強く作用するなどの恐れがあります。

 

 

他のサプリメントを併用する場合

 

他のサプリメントと併用する場合は、バイタルアンサーに配合されていない成分が含まれているものであれば構いません。

 

例えば、ビタミン剤などであれば全然問題ありません。

 

バイタルアンサーの主要成分はアルギニンです。

 

そのため、アルギニンがメインとなっていない、もしくは含まれていないサプリと併用することをおすすめします。

 

もしアルギニンが主要成分となっているサプリを併用すると、アルギニンの過剰摂取になる恐れがあります。

 

アルギニンを過剰摂取すると、胃腸に異変が起こり、胃痛や下痢などの症状が現れることがあります。

 

 

 

〜総額1,700円相当プレゼント!〜

まとめ買いなら最大20%オフでお得

 

 

 

 

page top